doubledispatch
celer-et-audax:

USAF C-17 dirt landing, Afghanistan.

celer-et-audax:

USAF C-17 dirt landing, Afghanistan.

ザックの監督としての手腕はさておき、戦術の造詣の深さは間違いないんだから解説書とか出して欲しいわ。
イタリアじゃ戦術に関する本はほとんど無いらしいし本人も出したいだろ。

たとえば守備の時に正しい身体の向きを指導されて選手が戸惑ってたとかいう話だけど
たしかに今までいろんなサッカー本読んだけど、ボディーアングルに関して書いてる本は一冊も無かった。
イタリア人でさえ病的と評するザックの指導を聞きたいぜ。
そんな厄介者のクラゲの処分を担当していた同社員が2004年、クラゲは密集して滞留すると、徐々に弱り、体内の自己溶解酵素で溶けて消滅することを知った。  そこで、この性質を利用し、クラゲを自然消滅させるシステムを考案した。仕組みは、取水口手前にクラゲをせき止める網と、貯留槽(広さ10メートル四方、深さ2・5メートル)2基を設置し、クラゲをポンプとホースで槽に次々と吸い込んで、そのまま閉じこめておく――というもの。04年から導入し、徐々に改良を重ね、今年最終的な形に到達した。貯留槽で5日間ほどで消滅するという。
unclefather:

Fuck this baby

unclefather:

Fuck this baby

old-hopes-and-boots:

by William Qin

old-hopes-and-boots:

by William Qin

読んでみた「1976年のアントニオ猪木」。  この本を読んで分かるアントニオ猪木の凄さは、セルフプロデュース能力とそれをどんな手を使っても成し遂げる実行力である。

 例えば新日本プロレス創設期に、馬場の圧力によって人気のある外人レスラーを呼べなかった猪木は、タイガー・ジェット・シンという無名のレスラーを一躍人気者に仕立てた。

 そのやり方は、プロレス以外の場所でシンに猪木を奇襲させることだったり、サーベルを持たせて客の恐怖心を煽ることだったり、ベアクローで喉を掴まれた時に猪木自らが喉をカミソリで切り、血の出る演出を試みることだったりした。  それまでプロレス界にそんなことをするレスラーはいなかった。

 現在の総合格闘技では、本当に強い者は相手を秒殺する。  相手の強さを引き出そうというショー精神はない。それが命取りになるからだ。  その点猪木は、プロレスというシナリオのあるショーの中で、存分に相手にやられ、存分にダメージを受け、でも最後は自らが勝利するというシナリオを描いてきた。  対戦する相手を強く見せることで、それに勝つ猪木自身がもっともっと輝くわけだ。

id=945141869&owner_id=28809 
1976年のアントニオ猪木 (via otsune) (via xyo) (via gkojay) (via konishiroku) (via yaruo) (via onykue) (via ibi-s) (via deli-hell-me)
男「エッチしよう!」
女「嫌だよ、きもい」
男「じゃあ、じゃあチューしよ?」
女「だから嫌だって言ってんでしょ」
男「うー…じゃあ、おっぱい!おっぱい触らせてくれ!」
女「…まあ、服の上からならいいよ」
大学時代の友人のトークですが、この人は立派な営業マンになり、今牢獄にいます
handa:

ZsaZsa Bellagio