doubledispatch
774rider:

無料の航空自衛隊テーマパーク「エアーパーク浜松」は魅力がいっぱい! : 軍事・ミリタリー速報☆彡
やはり東京は物の密度が高いです。具体的に言えば家と家との間隔、道路の幅、無駄な空間の無さ、などが東京は独特です。 アシスタントが描いた背景にもよく 「これ東京になってるで」 といってリテイクを出します。
あずまきよひこ.com: ENTRY [よつばの町] (via katoyuu) (via gkojay) (via fujihajime) (via allgreendays) (via alice-lives-on-internet) (via mcsgsym) (via hoimi) (via shinoddddd) (via highlandview) (via kanabow) (via zaiga) (via huzitaka) (via ayuwringal) (via ibi-s) (via deli-hell-me) (via mitaimon) (via reretlet) (via guccho-dr) (via l9g) (via set-tea) (via yue)
 嫌いな人のことをいくら呪っても、その人は不幸になんてなりません。嫌いな人のことは、遠ざけてなるべく考えないようにするしかないですし、嫌いな人のことを忘れるためには、自分が楽しいことに熱中したり、好きな人と過ごす時間を増やしたり、自分の人生を良くするために時間を使うことが大事だと思います。自分の人生が大事になると、嫌いな人はいつのまにか、高速道路の料金所のようにすごいスピードで視界から消えていきます。どうか一度、その経験を味わってみてください。嫌いな人の存在感を、自分の中で軽くすること。それは相手が不幸になる以上に、心がすっきりすることですから。
中学の頃スラッとしててハット被ってるオジサンに道を聞かれ、教えたら帽子とって「ありがとう」と言われた。思わず「カッコいいですね」と言ったら「あはは。サンキュー。これで何か美味しいものでも食べてね」と言われ、割り箸を渡されたことがある。その人が高田純次さんと知ったのは1年後でした。
仕事でフランスに行った時の話し。
地元の名士みたいなおっさんが既得権益持ってて、このおっさんと話しをつけないと行けなかった。
このおっさんが何かにつけては、フランス自慢したくてしょうがない人で、
東洋の猿に香り高いおフランスの文化を嗅がせてもらえるだけでも有難いと思え臭がプンプン。
仕事上、しょうがないから相槌打ってたけど、地元の教会自慢された時に、あまりにウザイので
「え?あの教会?いつできたの?18世紀?新しいね」って言ってもうた。
「新しい?」って食いついてくるので「オレが結婚式した地元の神社は11世紀からある。
日本じゃ、そんなのゴロゴロある」って言ったら、おっさんシュンとなって、オレの前では自慢しなくなった。
それに仕事の交渉もしやすくなった。

別のフランス人とのやりとり。
俺は英語しか喋れないし相手も英語喋れるので英語で話していた。
ある日不具合発生。期限を過ぎているのにアナウンスされるべき事項がなしの礫だから文句を言いに行った。
そしたら、そいつは「全部書類に書いてある」と言い張る。
俺は書類を引っ張りだして
「ここを見ろ。書類にはディレクターが1時までに決定すると書いてあるぞ。
ディレクターはお前だろ。もう1時過ぎてるぞ。今すぐ決めろ」
って言うと、突然、そいつは、フランス語で何かをわめいて自分の部屋に引っ込んだ。
余りにも腹がたったのでドアをガンガンノックしながら
「舐めとったらシバきまわすぞ。アホンダラァ!!」
俺は大阪弁でまくしたてた。
そうしたら、そいつの上司登場。
俺が何を言ってるかは分からなかったけど、俺が本気で怒ってることは分かったらしい。
その上司に事情を説明したら、「それはおかしい。アイツに即決めさせる」と言って処理してくれた。

どうやら奴らの行動原理は、自分のほうが格上って言うことを示してお前は格下だから言うことを聞けって言うことみたいだな。
だから、自分が格上の根拠を否定されると急に弱気になる。
なんか、めっちゃヤンキー文化。
あれ以来、フランス人と交渉するときは、こっちも上から目線でちょうど良いと思ってる。
海兵隊の罵倒は読んでいて面白い。「できなかった」ことをしかるのではなく「やらなかった」ことを叱っている。結果を叱れば「お前は無能だ」というメッセージを送ることになる。できたはずの到達点を仮想し、「やらなかった」ことを叱れば、「お前はまだもっと先にいけるはず」というメッセージになる
Twitter / medtoolz (via kanabow)

 グーグルでは社内ミーティングを開催する際に、本当に必要なのかが問われます。単なる情報共有ならばメールでできます。ミーティングは議論するためのものですから、通常のミーティングでは8人程度の出席者が最大です。

 またミーティング時間は25分が基本です。定刻で終わらせるため、全員が全力投球するのが掟(おきて)です。24時間前までに議題が送られ、事前に資料などは目を通していることを理想とします。資料はすべてオンラインで用意されますので、ミーティングで配布物があることはまれです。

 議題と資料は事前にメンバーに提示されているので議論はすぐにトップスピードで交わされ始めます。そして終了時間5分前ごろに、実行しなければならない事項を整理してクロージング(まとめ)に入ります。まとめた結果はミーティング終了後速やかにメールなどで出席者同士で共有します。スピードがグーグルの命ですが、ミーティング一つとっても素早いテンポで進めることに強いこだわりがあります。